テントアイコン
キャンプの自然

買い足していったモノたち

一度経験したら「一生の趣味にする!」と思えるほど魅力的なキャンプ…。我が家も夫婦ふたりではまってしまい、2回目のキャンプから帰って来たときにはテントとシュラフを探し始めていました(笑)。
ということで、何度かキャンプをするうちに「これは欲しいなー」と買い足していった道具(家計&収納と相談しつつ…)がこちら。

①テント
1~2人用テントを購入。WILD-1でセールになっていて、25,000円くらいでした。結構狭くて、テント内で二人が座るとどちらかは首が曲がっちゃう感じ。寝れればいいという人には良いと思います。

②シュラフ
【mont-bell バロウバッグ#5】を購入。1万円くらい。春~秋の3シーズン対応。少し大きいです。これを持ってしまうとバックパックでキャンプは難しいかも…。

③マット
シュラフの下に敷くマットは、【THERMARESTリッジレスト S】を購入。こちらはくるくると巻いて収納するタイプで、結構かさばります。パタパタと折り畳めるタイプのものもあったのですが、少々高かったので踏み切れず。持ち運びやすさを考えると少し高いですがパタパタタイプの方がオススメです。
④タイベックシート
地面から蒸発してくる水分を防ぐための防水シートです。これがないと夏でもテントの底がかなり濡れてしまいます。建築用に使われているというだけあって、機能性は文句なしです。大きめのホームセンターにあります。

東京で人気の結婚式場といえばwest53rd 日本閣
東京で人気の結婚式場といえばwest53rd 日本閣。花嫁に人気の最上階「光り色のチャペル」は、ガラスと大理石で覆われ柔らかな自然光が降り注ぐ神秘的な空間。挙式の後はフラワーシャワーやブーケトスでゲストと共に幸せを感じてみて。
⑤スキレット
【LODGE スキレット 6 1/2インチサイズ】を購入。ユニフレームの焚火台に鍋2つと、このサイズのスキレットでちょうどいっぱいになります。しばらくしてから蓋も買い足しました。

この後、ブログでちらほら100均で小さめスキレットを手に入れたと書いてあるのを見て探したんですが、結局見つからず。が、その後ホームセンターで700円くらいで程よいサイズのスキレットが売られているのを発見。さらにさらに「ニトスキ」(ニトリのスキレット、500円くらい?)なるものも出てきて、程よいサイズ感から思わず購入。これから買う人はLODGEじゃなくてこちらでいいかも。

⑥保冷バッグ
【SEATTLE SPORTS ソフトクーラー40QT】。それまでコストコの保冷バッグを使っていて、それでいいやと思っていたのですが、ロフトのセールで9,500円が3,000円になっていたので思わず購入。長方形の箱型でガバッと開くので中が見やすいです。定価だったら買ってない…。

⑦ランタンフック
タープを立てているポールに引っ掛けて使います。ランタンをテーブルの上や地面に置いていると、料理をするときに灯りが足りなくて結構不便だったので。これを使ってかなりストレスが減りました。

だいたいこれくらいだと思います。ないと困るってわけではないですが、買ったことでさらにキャンプが満喫できた&ストレスフリーになったのは間違いないです。

蛇足ですが、これは買わなくていいでしょって今でも思っているものは
①焚火台以外のグリル:本気で料理したい人はいいですけど、焚火台で十分だと。デカいし…。
②アウトドア用の服:ときどきしか行かないレジャーのためだけに服を買うのはどうかと。
③ハンギングネット&ゴミ箱:食器を乾かすためのネットと、ダストボックスという名で売られている丈夫めのゴミ箱。食器はテーブルの上に置いて乾かせばいいし(砂や葉っぱがついたらさっと拭けばいい)、ゴミ袋はどこかに引っ掛けるか石を重しにして置いとけばいいかなと。

です。ファミリーキャンプだとまた違ってくるんでしょうが…。少ない道具の中であれやこれやと工夫するのが楽しいのでちょっと足りないぐらいがちょうどいいと思っています。



千葉県のゲストハウスの結婚式場エルシオン KISARAZU
千葉県のゲストハウスの結婚式場ならエルシオン KISARAZUで決まり。非日常の景色と豪華なウェディングシーンでおふたりの理想郷へと出発しましょう。
森